toggle
いわき震災伝承みらい館

震災語り部のご利用について

いわき市は、東日本大震災で沿岸部を中心に甚大な被害を受けました。
地震や津波による被害をはじめ、原発事故による原子力災害や風評被害など、私たちには忘れてはならない大切な想いがあります。
全国各地から「被災地を訪れて学びたい」「被災地に行って応援したい」という人々のために、未曽有の災害を実際に体験した震災語り部が、記憶や教訓、被災地の現状や復興状況などをお伝えします。
皆さまの地域において、防災・減災にお役立ていただければと存じます。

語り部講話のモデルコース(コースや内容はご相談により変更可能です)

薄磯(うすいそ)/豊間(とよま)地区

薄磯・豊間地区は、いわき市最大の自然災害地で、津波の高さ8.57m、地区以外の人も含めると249名の方が津波の犠牲になりました。

沿岸部の防潮堤や防災緑地の整備、住宅地の区画整理や高台移転などが進みました。
いわき市立豊間中学校は、約400m内陸側に移転し、平成29年2学期からスタート。校舎1階には豊間保育園、放課後児童クラブも設置。隣の豊間小学校と渡り廊下で結び、小中一体型の併設校として整備されました。
また、薄磯地区には、美空ひばりさんのヒット曲「みだれ髪」の舞台となった塩屋埼灯台があり、歌碑や遺影碑もあります。

≪コース例≫1時間コース

※いわき震災伝承みらい館の見学時間は含まれておりません。見学には別途60分〜90分程度かかります。

1.待合せ場所(いわき震災伝承みらい館など)

2.豊間地区(沿岸部・高台)

3.災害公営住宅 豊間団地

4.豊間保育園、豊間小・中学校

5.薄磯地区沿岸部で震災語り部による講話

※お客様のバス等での移動となります。

久之浜(ひさのはま)地区

久之浜地区は、地震・津波・火災・原発事故による全町民避難を経験しました。
津波の高さ7.45m。約70名の方が震災の犠牲になりました。

沿岸部の防潮堤や防災緑地の整備、住宅地の区画整理や高台移転、久之浜漁港から高台への避難階段の整備などが進みました。
災害時の拠点施設として、平成28年3月、「いわき市地域防災交流センター 久之浜・大久ふれあい館」がオープンしました。

≪コース例≫1時間コース

1.久之浜・大久ふれあい館

  • 防災まちづくり資料室には、東日本大震災に関する資料・パネル・動画・久之浜地区の模型などがあります。
  • ベランダから久之浜の沿岸部が一望できます。
    ※日曜・祝祭日は休館のため、外観のみの見学・説明となります。


2.久之浜漁港で当時の避難の様子などの講話

3.沿岸部(秋葉神社・東日本大震災追悼伝承之碑など)

※お客様のバス等での移動となります。

その他、小名浜地区、小浜・岩間地区、田人地区などの視察も案内可能です。
また、視察時間や内容等について柔軟に対応できますので、ご相談ください。

市内の視察場所

語り部の手配の申込方法・注意事項

  1. お申込みは「震災語り部依頼書」をファックス又はEメールでご提出ください。申込みの期限は、手配の都合上、視察日の14日前までとなります。必ず「視察旅程表」を添付してください。
    なお、久之浜地区の視察を希望する場合は「久之浜・大久ふれあい館 庁舎視察・見学申込書」、いわき震災伝承みらい館の見学を希望する場合は、「いわき震災伝承みらい館 視察・見学申込書」を合わせてご提出ください。
  2. 依頼書受付後、語り部の手配・調整の結果をお知らせします。
  3. 語り部の講話は、《バスに乗車して行う案内及び講話》《被災地で待合せして行う講話》の2通りとなります。
  4. 語り部への謝礼は講話時間1時間あたり5,000円/人(税込)となります。お支払いは当日、直接語り部へお渡しください。
    ただし、市内の小中学校が実施する教育活動の場合は無料です。
  5. 語り部は、調整した時刻・場所でお待ちしておりますので、交通状況等による時間変更の場合は、必ず語り部へ直接ご連絡ください。

語り部申込書ダウンロード

プリントアウトしてご利用ください。

お問い合わせ・お申込み先

いわき震災伝承みらい館
〒970-0223 福島県いわき市薄磯3丁目11
TEL:0246-38-4894
FAX:0246-38-4895
(受付時間 9:00〜17:00)
メールでのお問い合わせはこちら